空調 保守サービス Maintenance Service

寿命を延ばし
 




メンテ 環境問題がますますクローズアップされる今日、建物の環境設備についても、MAINTENANCE & RENOVATION(保守と修復)の考え方のもと、設備の調子をうまく保ちつつ、その寿命を延ばして長く使うことが求められています。

 九州空調では、設備の誕生から最後までトータルにサポートし、あらゆるメーカー機器に対して、どんな時にもスピーディーに対応いたします。設備のトラブルによるお客様のビジネスロスを無くし、寿命を延ばしてコストを軽減します。
 

機種・方式を問わず全メーカーに対応いたします。

機器電気式、吸収式、GHPなどの空調方式やメーカーを問わず、空調機器システムに対応いたします。
そのため、建物の規模や用途に応じた最適な空調システムの設計・施工をご提案することが出来ます。
また、メンテナンスについても、当社で一括してお受けすることができます。

いつでもどこでも駆けつけ 365日24時間 体制

24時間365日365日 24時間のサービス体制。

空調機器にトラブルが発生した時には、お客様からサービスマンの携帯電話にダイレクトに連絡することができます。
まずは、状況をお聞きし、対応を指示。
緊急の場合には、休日・夜間にかかわらず、直ちに現場へ駆けつけ適切な処置を行います。

サービス内容

打合せ

お客様との打ち合わせにより、保守作業の範囲内や、範囲外(別途精算)で様々なメンテナンスメニューをご用意しております。
詳しくはサービスマンまでお気軽にご相談ください。

 


点検作業実施内容  ※電気・ガスを主動力源とする空調機器の年間保守に関する点検、調整、作業の内容です。

冷暖房各シーズンイン作業内容 冷暖房各シーズン中作業内容 
A:電装品点検調整(保護リレー、サーモスタッド類) サービスコールに対し、直ちにサービスマンを派遣して点検調整の応急処置を致します。

※上記作業は、各部に応じて電流、電圧、温度、流量等の計測を行い、点検報告書または確認書等の提出により、ご了承を受けるものとします。
 
B:クーリングタワー点検清掃及び冷却水循環ポンプ点検
  (水冷仕様の場合)・冷温水循環ポンプ点検(冷温水仕様の場合)
C:ファン類の点検(空冷仕様の場合)
D:室内機点検(直膨仕様の場合)
E:コンプレッサー運転状態点検
F:冷媒循環圧力点検、調整及び洩れ検査
G:コンデンサー及びエバポレーターの汚れ点検(運転状況に応じて)
H:冷暖房各切替運転状態点検及び記録

吸収式冷温水発生機作業内容  ※シーズンイン、シーズン中並びにシーズンオフ時の点検整備調整の作業です。
冷暖房各シーズン・インシーズンオフ作業内容 冷暖房各シーズン中作業内容 
A:本体の清掃 故障呼び出しに対し、直ちにサービス技術員を派遣して点検調整の後、応急処置をいたします。
B:真空度実測排気
C:電装品点検調整(保護リレー、サーモスタッド類)
D:燃焼状況点検(ガスバーナー又はオイルバーナー)
E:コンデンサー及びエバポレーターチューブの汚れ点検(冷房インのみ) 
F:冷却水ポンプ並びに冷温水循環ポンプ点検(冷房インのみ) 
G:クーリングタワー点検
H:冷暖房各切替運転状態点検及び記録

※上記作業は、作業点検報告書を提出し、ご承認を受けるものといたします。

年間保守契約先

総合ビル 病院 官公庁・学校 社会福祉施設
総合テナントビル・事務所 病院 官公庁・学校 社会福祉施設・公民館
33件 9件 33件 77件
ホテル 店舗・レストラン 総合施設 会社・工場
ホテル 店舗・レストラン 総合施設 会社・工場
14件 23件 7件 25件

木質ペレット焚吸収冷温水機

資源の循環で地球の環境回復に貢献1­.­木質ペレットで、森林資源の循環が出来、地球環境に貢献カーボンニュートラルで、C­O­2­を削減し、温暖化を防止します。2­.­冷房・暖房時ともに、年間を通じてC­O­2­削減に大きく貢献年間を通じてベースロード部分を木質ペレット焚バイオアロエースが稼働することにより、C­O­2­を削減します。3­.­C­O­2­を吸収して森を育て、森を守る地球にやさしい新空調システムエネルギー源は間伐材、林地残材、端材などです。放置森林の回復など、森林設備・育成に大きく貢献します。4­.­地域経済の活性化と.­.­.­
RSS 2.0