九州空調NEWS blog page

冷媒フロン類取扱技術者

2014-09-12 (Fri) 21:54
業務用冷凍空調機器からの冷媒漏えい問題への業界の対応が急がれる中、新しい資格制度が創設されました。

業務用冷凍空調機器への冷媒の充填から整備、定期点検技術、漏えい予防保全、機器廃棄時の冷媒回収技

術のすべてにわたって十分な知識を持った技術者の育成の為に『第一種冷媒フロン類取扱技術者』(旧漏えい点検

資格者)と、これに準ずる資格『第二種冷媒フロン類回収技術者』が創設され、平成26年度より制度が開始されま

した。講習会、や資格内容の詳しいことは、一社)日本冷凍空調設備工業連合会へ。

Trackback

Trackback URI:

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


Blog Calendar

Blog Category

RSS Category

RSS Calendar

木質ペレット焚吸収冷温水機

資源の循環で地球の環境回復に貢献1­.­木質ペレットで、森林資源の循環が出来、地球環境に貢献カーボンニュートラルで、C­O­2­を削減し、温暖化を防止します。2­.­冷房・暖房時ともに、年間を通じてC­O­2­削減に大きく貢献年間を通じてベースロード部分を木質ペレット焚バイオアロエースが稼働することにより、C­O­2­を削減します。3­.­C­O­2­を吸収して森を育て、森を守る地球にやさしい新空調システムエネルギー源は間伐材、林地残材、端材などです。放置森林の回復など、森林設備・育成に大きく貢献します。4­.­地域経済の活性化と.­.­.­
RSS 2.0